50UP 2006年9月2日

そんなわけで佐武プロに誘われて片倉ダムへ。翌日のトーナメントのプラにだけ参加しました。まだ出来て間もないリザーバという事で珍しくちょっとウキウキな前日。さらに自宅から1時間くらいと近いのもグッド。これで釣れれば問題なしなのですが、そんなに甘くはなく、っていうか他の関東レイクに比べれば釣れるんでしょうけど、やっぱそーいうところは人気もあるので湖面には船がいっぱい。

リザーバって事でつい亀山と比較っていうかそもそも亀山の上流にあるダムだし。そんなわけで思いは全盛期の亀山をイメージして出船。が、見た目は雰囲気抜群なんすよ。立木がまだ沈んだばっかりの状態で残ってるのである意味ヘビーカバーっていうか、見渡す限りおいしそうなポイントばかりっていうか。でもですね、あんまし生命感がないんですね。亀山だとギルだとか小バスが見えたりするんですがそーいうのが全然無い。それにほとんどドン深なのでオレの偏った経験上ドン深な岩盤とかいいイメージが無いんすよ。立木は至るところにあるんですが、20mくらいありそうな木の先端が水面に出てる感じ。それでも少ないシャローとか岬の馬の背とかにはいるみたいで20cmくらいのはポロポロ釣れた。

はじめは夢見てトップ投げたりしてたんですが夢消えて2inchセンコーで2,3匹小バスをゲット。浅いところに2inchセンコー落とせば小バスは釣れるらしい事はわかったんですがそれではあまりにもあれですのでその後はずっとカバークランク、スピナベ、ラバージグを投げ続けてました。で、クランクでやっと1匹釣ったもののそんなに釣れるはずもなく、爆睡。起きたら佐武さんが35cm釣った。ワームは4インチだったらしい。その後ちょっとまじめにやったけど2inchで細かいのちょっと追加しただけで午前の部終了。

飯食って午後の部。佐武さんがまったりしていたのでオレが操船。午前とは逆の下流に行って見る。したらいかにもなポイント。遠浅なシャローっていうかスロープ?元道路?が続いてて左奥はワンドで立木。右は急なブレイク。さらに遠浅な部分の所々に水面に出てない立木が沈んでる所。誰でもやりそうな場所だったんですが何となくまじめにやってみた。佐武さんに後ろに置いてあったフロッガー取ってもらってラバジ投げる。「これで釣ったら男だね!」と佐武さんに冗談言われながら数キャスト目で明確なバイトがあり、かっこよく?合わせを入れてヒット!なかなか強い引き!途中ドラグを出されたりなんかして上がってみたのはなんと52cmのバスでした。

そんなわけでこれで今年のオレの仕事は終了したのであとは下船するまで爆睡。あんまり釣りはしてないんですが関東で50upが取れたので良かったです。
潮加減
コメント
0



  • 愉快な仲間達
  •  佐武落水プロ
この日の潮加減

  • 2019年の10月