シイラ4度目 2005年8月7日

そんなわけで7月は狙ったターゲットを1匹も釣ってないほどダメダメな月だったんですがようやく釣れました。なんか知らんけど先月まであれほどダメだったシイラなんですが8月に入って急に湾内に入って来た模様。大きいのは難しいにしてもペンペン~は釣れなくもないらしい。つーわけで久々オヤジ船出船。去年からじょじょに整備していったシイラタックルが火を噴く時がついに来た!って感じ。

がしかし湾口は風も強くうねりも強く非常に釣りづらい。マンメイド系は数日前まで結構着いてたらしいんですがこの日はまるでダメ。何も釣れず。なので潮目狙いなんですが白波立ちまくりで潮目なんて解らない。が、ちょっと沖で逃げまどうトビウオ発見!追いかける。途中でそれはどっか行っちゃったんですがパラパラとゴミとかが浮いてるのを発見。波で解らないけどたぶんこの辺が潮目なのかな?で、ここでしょうさんがいきなりヒット!しかも上下のフックに1匹づつ一度に2匹も!ペンペンだけど。すごい!とまーこんな感じでペンペンは入れ食いまで行かなくても潮目沿いを移動すれば結構いるみたいでそこそこ釣れた。が、ビッグワンは一度も確認出来ず。

そんな潮目を移動中におっちゃんが底40mに反応あるからジグ落としてみてとの指示。オレのジギングロッドはちょっと離れた所に置いてあってしかもジグ結んでなかったので面倒なので指示を無視してマグロ竿でポッパー投げる。したらなんと!巨シイラが追ってくる!そしてバイト!が、すかる。このとき後ろからおっちゃんが「はいあげて~」オレ的にかなり焦って「ちょっとまったー!」←聞こえてなかったらしい

で、2発目のバイトでしっかりヒット!すかさずサバで100万回くらい練習した激しいフッキングを2発入れる。乗った!が、なんかあんまし引かない。なんか水の入ったゴミ袋釣ってる感じ。重いだけ。ドラグも3.5kと結構強め?だったからか?まったくライン出されないで船縁へ。すかさずおっちゃんがネットへ。したらうまく入らなくてそれにびっくりしたシイラが急に暴れ出す。ラインも5mくらい出されたかな?って5mかよ!ていうか、なんか斜めに浮いちゃってオレは右みよしにいたんだけども左前にすぐ泳いで行っちゃってグリップを腹に付けて踏ん張れなくて股に挟んでのファイト。体勢がきつい。ラインはそんなに出ないにしても出されなくもないので全然よって来ないのでめんどくさくなってドラグを2回転くらいしめる。(これで4kくらい?)これでほとんどラインでなくなって強引に寄せる。フックも前と後ろが口とほっぺにがっちりだしラインもPE4号リーダー60LBなのでこれはばれようがないでしょうって感じ。んで、3度目くらいにネットでようやくランディング成功。たぶん5分くらいの格闘だったんですが疲れました。

んでその後おっちゃんとしょうさんのカメラで写真撮影。推定15kくらいある120cmのオスシイラなので前に突き出すように持つとかなりきつい。最初のうちは良かったんですがだんだん腕が上がらなくなった。ていうかファイトより写真撮影のほうが疲れました。

そんなこんなでマグロ竿を有効に使うシチュエーションで大きい魚を掛けられるチャンスがいきなりやってきてしかも物に出来たので良かったです。

その後も移動を繰り返しましたがペンペンしか釣れませんでした。

◆余談
バボナマンのルアーに巨大バショウカジキがチェイス!すごかったです。アレでヒットしたらおもしろかったのになーと思いました。

※うれしかったので長文です。

コメント
0



この日の潮加減

  • 2023年の07月